HMMゾイド:ゴジュラス

発売日:2013年12月

価格:23000円(税抜)

NUMBER:040

HMM ゴジュラス

2013年12月にHMM第1章の締めくくりとしてコトブキヤから発売された『HMM ゴジュラス』。HMM最大級の大きさを誇るこのプラモデルは「全てのゾイドファンに贈る挑戦状」と宣伝されて販売されました。価格、パーツ数も凄いですが、大きいパーツが多く、組みやすいプラモデルです。完成品の見た目も良く、オススメのHMMゾイドです。

 

 

 

 

 

 

角度を変えた全体画像

 

頭部の解説

まずは頭部からの解説です。コックピットは開閉可能で、開けると通常パイロットが登場しています。限定品なので、ハーマンやアーバインのフィギュアがついてきて欲しかったですね。

口も開閉が可能で、かなり大きく開きます。キバは「ハイパーキラーバイトファング」という名前がついています。

 

胴体の解説

脇の関節は図のように横に開くので、色々なポーズをとれそうです。

 

足の解説

股関節も開きます。画像が悪くてすみません。

足の指も横に開くようになっています。

かかとを下側に曲げることができ、曲げることにより前傾姿勢をとることができます。このかかと部分は「可倒式スパイクヒール」という名前がついています。

 

ゾイドコア

ゾイドコアは胴体部についており、容易に引き出し可能です。

 

武装の解説

腕には「ARZ20mmビームガン」、胴体部には「70mm2連装ヘビーマシンガン」がついています。

ツメ部分は細かく稼動するので、色々な形に変えることができます。

 

ブースターとスラスター

背中には「ロケットブースター」、足首の後ろには「姿勢制御スラスター」がついています。

 

尾部の解説

尾部のアンカーには「姿勢制御アウトリガー」という名前がついていて、図のように展開が可能です。

尾部の先の両横についている武装が「マクサー30mm多用途マシンガン」です。コンテナブロックに隠れているのが「AMD30mmビーム砲」です。「AMD30mmビーム砲」は図のように展開が可能です。

 

商品パッケージと説明書

箱絵と箱の裏です。大型ゾイドは箱の裏にも画像があるので載せてみました。説明書は46ページです。

以上、コトブキヤから発売された「HMM ゴジュラス」のレビューでした。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。