HMMゾイド:ゴドス

発売日:2011年11月

価格:4200円(税抜)

NUMBER:028

HMM ゴドス

2011年11月にコトブキヤから発売された「HMM ゴドス」。小型ゾイドでゴジュラスの幼生体という設定になっています。旧ゾイド時代の昔ながらのデザインが再現されていてとても懐かしい感じがしますね。「HMM ゴドス」は重装甲型(指揮官機)と通常型(一般機)をパーツを付け替えて変更することができます。

 

角度を変えた全体画像

 

頭部の解説

まずは頭部からです。コックピットは開閉可能で、通常のパイロットが搭乗しています。オレンジ色のキャノピーが懐かしくて良いですね。

 

尾部の解説

ゴドスはゴジュラスの幼生体という設定なので、ゴジュラスにパーツが似ている部分があります。特に尾部にスタビライザーがついているところなどはスタビライザーの形も含めて良く似ています。

 

背ビレの解説

背ビレ部分は上下に動かすことができます。

 

HMM 司令官機

「HMM ゴドス」を司令官機にすると、上図のようになります。

司令官機と一般機の主な違いは3点です。まず、腰の左側に「AZビームランチャー」が装備されていること。2点目は背中に無人センサーユニットが装備されていること。3点目は尾部の付け根に「エイミングレーダー」が装備されていることです。

司令官機に装備されているパーツを組み合わせると小型機になります。これはコトブキヤHMMの独自設定のようです。

 

おまけの画像

↑の画像はおまけです。ロボットアニメでありがちな暴走モードを「HMM ゴドス」で再現してみました。

 

商品パッケージと説明書

箱絵と説明書です。説明書は18ページで、HMMゾイドの説明書としては薄めですね。

以上、コトブキヤから発売された「HMM ゴドス」のレビューでした。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。