HMMゾイド:シュトゥルムテュラン

発売日:2018年3月

価格:12000円(税抜)

NUMBER:045 LIMITED

 

HMM シュトゥルムテュラン

2018年3月にコトブキヤから発売された「HMM シュトゥルムテュラン」。バーサークフューラーの進化型ともいえるこの機体は、プラモデルとしても進化していて素晴らしい出来です。実際に組み上げてみるととてもカッコいいです。バーサークフューラーでの問題点である足首関節の緩さも新パーツで解消されている為、「HMM バーサクフューラー」よりも色々なポーズをとりやすくなりました。

 

 

 

 

角度を変えた全体画像です

 

コックピット

コックピットは開閉が可能です。『HMM バーサークフューラー』と一緒で、コックピットは二重構造になっています。口を開くと、荷電粒子砲がでてきます。牙には「エレクトロンファング」という名前がついています。

 

手足の爪

手の爪は「ストライクレーザークロー」という名前がついており、足の爪には「ストライククロー」という名前がついています。手の爪と足の爪はともに格闘戦を想定したシュトゥルムテュランの武装となっています。

 

ブースター

背中にのっている大きいブースターは「シュトゥルムブースター」という名前がついていて、これにより爆発的な機動性を生み出しています。「シュトゥルムブースター」の下側についている小さいのが「ハイマニューバスラスター」というもので姿勢の制御などに役立っています。図のように開閉が可能です。

 

踵のアンカー

踵には荷電粒子砲射撃時に体制を安定させる為の「大型アンカー」がついています。図のように下に倒すことをが可能です。

 

ゾイドコア

ゾイドコアは首の下あたりについていて、図のように引き出すことが可能です。

 

尾部

尾部は図のように荷電粒子砲射撃時に「荷電粒子ジェネレーター」が開閉するようになっています。

尾部の先には「ストライクスマッシュテイル」という武器がついています。図のように開閉が可能です。

 

荷電粒子砲射撃時の画像

 

アクティブシールド

両腕には「アクティブシールド(エクスブレイカー)」がついていて、図のように動かすことができます。

背中のブースターは上に伸ばすことができるようになっており、エクスブレイカーとブースターを伸ばすとかなりの大きさになります。

 

商品パッケージと説明書

箱絵と説明書、水転写デカールです。説明書は34ページです。

 

以上、コトブキヤから発売された「HMM シュトゥルムテュラン」のレビューでした。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。